離乳食

離乳食の記録(初期・ごっくん期)6ヶ月からはじめました

これまで経口ワクチンやかぜ薬など、口から何か入るのを嫌がっていた息子。

母乳以外に湯冷ましや麦茶も飲ませていなかったので、「離乳食もきっと食べたがらないだろうな(-_-;)」と思ってなかなか気が進みませんでした。

インスタグラムなんかを見ていると5ヶ月から離乳食を始めている人が多い印象でしたが、息子はよく言われるごはんを見てよだれをたらしたり、口をもぐもぐさせるような兆候はまったく見られなかったこともあって「6ヶ月からでいいか」という感じでした。

6ヶ月だと遅いかな?とも思いましたが、息子にはちょうど良かったみたいです
ayame

 

離乳食の知識なしに手探りでスタート

離乳食について全く知識がなかったわたし。

市の離乳食講座に参加しましたが、コロナの影響で実習はなくなり、資料を見ながら栄養士さんの講義を30分ほど聞くだけだったのでよくわからないまま・・・。

とりあえず10倍がゆから始めることはわかっていたので、ネット検索をしてそこからスタート。

本やアプリを使った方がいいのかな~と思いながら結局何もせず。

今後離乳食を進めていく中で本やアプリがほしくなるかもしれませんが、今のところなしでもいけるもんだなと感じています。

 

離乳食の準備

離乳食に必要な調理器具や食器は出産祝いでミキハウスのお食事セットを頂いたので、自分では特に何も購入しませんでした。

 

お食事スタイも一緒にもらったのでそれを使っています。

 

作った離乳食を冷凍するために西松屋のPB商品を購入。

離乳食づくりにブレンダーがあると便利と聞いていたのでほしかったのですが、これ以上ものを増やしたくないので購入はせず。

あったら時短ができて絶対便利だと思いますが、なくても問題ないと思います。

時短アイテムとしてわたしは活力鍋を使っています。

あわせて読みたい

離乳食づくりには活力鍋がとっても便利です

続きを見る

予想外に食いつきが良かった

食べないだろうなと思っていたので、離乳食は市販のベビーフードを買うつもりでいました。

一生懸命作って食べてくれなかったらはわたしのダメージが大きいと思ったからです。

でも最初の一口は食べなくてもつくると決めていたので、とりあえずインスタントのおかゆを買っておいて手作りしました。

購入したおかゆはこちら↓
お湯を注ぐだけでかんたんにできて便利ですが、食べてみたらお米の味は感じられず。
残念ながらあまり美味しいとは言えませんでした。

 

離乳食は戸惑いながらも食べてくれ、その後も予想外にぱくぱくと食べる息子。

こんなに食べてくれるならつくってあげようと思って、今のところは手作りしています
ayame

 

離乳食初期 1ヶ月目に食べたもの

1ヶ月目では7種類の離乳食+麦茶を食べました。

食べたものはこちら、食べた順番に書き出しています。

  • 10倍がゆ
  • にんじん
  • 麦茶
  • じゃがいも
  • しらす
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • はくさい

はじめての食材は小さじ1杯だけ、2日目に少し増やしてその後は15mlキューブ1つにしています。

10倍がゆは毎回15mlキューブ1つ、そのほかの食材は1回に2,3品(それぞれ15mlキューブ1つ)をローテーションで食べるという感じです。

1回に食べる品数がふえてからは元々持っていたWECKを煮沸消毒して離乳食専用にして使っています。

冷凍した15mlのキューブが1,2個入ります。

自分で掴み食べをするようになったらガラス製は使えないと思いますが、色移りせず洗いやすいので便利で気に入っています。

80mlのものも持っていますが、高さがあるので50mlの方が浅く中身をすくいやすいのでよく使っています。

 

麦茶はしょうゆ皿を使って飲ませ、上手に飲めるようになったのでお食事セットにあったスープマグで飲ませるようにしています。

まだまだこぼしてしまう事も多いですが、麦茶は好きなようでごくごくと飲んでいます。

 

あまり考えず息子のペースで

離乳食が始まる前は乗り気でなかったわたし。

実際始まってみると思っていたより気楽にできています。

初期の離乳食は栄養を取るためではなく食べる練習をすることが目的なので、食べる量が少なくても気にしないことにしました。

量を増やすときは多めに解凍して食べたがるだけ食べさせ、「残してもいいからね」と言いながら食べさせています(たいてい完食しますが・・・笑)

アレルギーには気を使いますが、その他のことはあまり神経質にならずに息子のペースで離乳食を楽しめたらなと思っています
ayame

 

-離乳食

© 2021 あやめろぐ Powered by AFFINGER5