育児グッズ

セカンド抱っこ紐に、コンパクトで便利なダッコルト

1歳半を過ぎた頃から外出先で「抱っこ」をせがむことが多くなってきた息子。

体重も重くなってきて長時間抱っこで移動するのはキツイなと感じるようになりましたが、しばらく抱っこひもを持ち歩くことがなかったので、今さらまた抱っこひもを持ち歩くのは面倒だし、何より荷物が増えることが嫌でした。

そんな話を先輩ママに相談していた時に教えてもらったのがダッコルトという商品でした。

わたしのように

抱っこがだんだんつらくなってきた

コンパクトなセカンド抱っこひもがほしい

という方にはぜひ使ってほしい抱っこひもです。

ダッコルトとは?

ダッコルトは「歩きたがるけど抱っこもしてほしい」時期から大活躍してくれるセカンド抱っこひもです。

コンパクトなサイズで持ち運びに便利、片側の肩にかけて立っている子どものお尻にシートを合わせて抱っこするだけのシンプルな設計になっています。

 

ダッコルトは何歳から使える?

公式サイトではひとり歩きを始めた12ヶ月(10Kg)から48ヶ月(18Kg)と書かれています。

ayame
ayame
48ヶ月というと4歳なのでかなり長い期間使えますね

 

ダッコルトの使い方

楽天市場公式サイトより引用

装着方法

  1. 調節ベルトを伸ばした状態で左右どちらかの肩にダッコルトをかける
  2. 座面パットを立っている子どものお尻にあわせる
  3. お尻にあてた座面パットを支えながら、反対の手で調節ベルトを引っぱる
  4. そのまま立ち上がり抱っこし、調節ベルトで位置を調整する
  5. バックルの脱落防止ゴムをはめる

 

はずし方

  1. 片手で子どもを支えながら脱落防止ゴムをはずし、バックルを外す
  2. 子どもをおろし、ダッコルトを片付ける

 

ダッコルトのメリット

  • 着脱がかんたん
  • コンパクトなサイズ
  • 脱落防止ゴム
  • 抱っこの負担が減る
  • 片手が使える
  • 妊娠中でも使える
  • 日本製

着脱がかんたん

肩掛けしてバックルひとつ留めるだけで使える手軽さが良いです。

こどもが「抱っこ~っ」となってもすぐに装着して抱っこしてあげられますし、「歩く!」と言い出してもバックルを外すだけでおろしてあげられます。

コンパクトなサイズ

手のひらサイズのコンパクトさで、お出かけバックに入れておいてもジャマになりません。

ベビーカーのカゴにポンッと入れておくこともできるので、いざという時にも便利です。

 

脱落防止ゴム

バックル自体がしっかりとした作りなので突然外れてしまうことはなさそうですが、万が一のときのために脱落防止ゴムがついています。

装着後にバックルにゴムをかけるだけのかんたんな方法ですが、万が一の時もゴムがひっかかりガバッと落ちることはないので安心して利用できます。

 

抱っこの負担が減る

子どもの体重が10Kgくらいになるとだんだんと抱っこしているのがつらくなってきますよね。

ダッコルトを使うと腕だけでなく、肩にも分散して抱っこできるのでかなりラクに抱っこできます。

 

片手が使える

腕だけで抱っこしていると片手抱っこは本当に短時間しか難しいですが、ダッコルトを使うと腕だけより長くラクに抱っこできますし、子どもを支えている反対側の手はかなり自由に使えます。

抱っこしたまま掃除機をかけたり、荷物を持ったりもしやすくなります。

 

妊娠中でも使える

お腹が大きくなってくると普通の抱っこひもやヒップシートは使えなくなると思いますが、ダッコルトは肩掛けなので、妊娠中でもお腹に負担なく上の子を抱っこしてあげられます

ayame
ayame
現在6ヶ月のお腹が目立ち始めた妊婦ですが、ダッコルトを愛用中です

 

日本製

ダッコルトの他にもグスケットやルシロダという同じような製品が販売されていますが、日本製はダッコルトのみです。

正直、外国製の方が値段が安くデザインも豊富ですが、わたしは日本製で良いものがあるのなら多少値段が高くなってもそっちを選びたいタイプなので、ダッコルト一択でした。

日本の製品を応援したいという気持ちもありますし、やはり安心感があるのが理由です。

抱っこひもは同じく日本製のサンアンドビーチを使っていました。

おすすめ!新生児から使える、サンアンドビーチの抱っこひも

おすすめ!新生児から使える、サンアンドビーチの抱っこひも子育ての必須アイテムといっても過言ではない抱っこひも。いろいろ試着してみて、最終的にサンアンドビーチ抱っこひもを購入しました。実際に使っていて感じたことやメリットとデメリットを記事にしています。...

 

ダッコルトのデメリット

  • デザインが少ない
  • 冬場の着込む時期には使いづらい
  • 長時間の利用はつらい

デザインが少ない

先ほども少し書いたように外国製の類似品のほうがデザインの種類が豊富です。

最近では使い勝手の良さそうなデニムデザインが発売されましたが、もっといろいろあれば良いのになと思います。

デザイン重視の方はグスケットが良いかもしれません。

わたしはダッコルトの黒が欲しかったのですが、レビューでほこりなどが目立ちやすいとあったのでオリーブを購入しました。

ayame
ayame
今買うならデニムもいいなと思います

冬場の着込む時期には使いづらい

着脱がかんたんで使いやすいダッコルトですが、アウターの上からは使えないこともないけれどもこもこして使いにくいです。

冬場は抱っこしなくてもアウターを着る前に装着しておき、いざという時に備えておくという使い方をしていました。

ただ、これに関してはどの抱っこひもを使っても同じことが言えると思うので大きなデメリットとは言えないかもしれません。

 

長時間の利用はつらい

ダッコルトを使うと何もなしで抱っこするよりは断然ラクなのはもちろんですし、肩パットがしっかりしているので食い込んだりすることはないけれど、やはり長時間使っていると肩が痛くなってきます

またただ抱っこしているときのように腕が痛くはならないですが、子どもを支えている方の手がだるくはなります。

個人的には15分くらい抱っこしてるとちょっと肩がしんどくなってきたなと感じます。

 

抱っこの負担を軽減できる手軽な抱っこひも

わたしがダッコルトを買ってよかったなと思うことは、やはり腕の負担が減ってラクに抱っこしてあげられるようになったことです。

息子もダッコルトが気に入っているようで自分で「抱っこして~」っとダッコルトを持ってきます。

長時間使うには不向きですが、抱っこしたり下ろしたりする場面やちょっとしたお出かけにあると便利な優秀な育児グッズです。

ayame
ayame
最近抱っこがつらくなってきたな…という方にはぜひ使ってほしいと思います

 

ABOUT ME
ayame
令和2年5月に息子を出産、子育て奮闘中の専業主婦。 育児のこと・使ってよかった育児グッズや日々の暮らしについて書いています。 インスタで子育て絵日記もアップしてるので良かったら見てくださいね。